NEWS

WACKO MARIA /凶気の桜

WACKO MARIA より
映画『凶気の桜』とのコラボレーションアイテム。

https://www.youtube.com/watch?v=BCk4Euj1oPU
© 2002「凶気の桜」製作委員会

『凶気の桜』(きょうきのさくら)は、ヒキタクニオ著作の小説(新潮社)、およびそれを原作として2002年に公開された日本映画。右翼グループに参加し、国粋思想に傾倒していく青年、渋谷で暗躍する暴力団、右翼団体の暗部などを描いた社会派作品である。
なお、作中に登場する消し屋(殺し屋)はヒキタ作品に主役として再登場し、本作の後日譚として『消し屋A』、『遠くて浅い海』が書かれている。また、『鳶がクルリと』では重要な登場人物である兵頭が闇社会に入るきっかけが描かれている。