WACKO MARIA × SUBLIME "Varsity jacket " (black )
5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219 5e4e4662cf327f07bdd61219

WACKO MARIA × SUBLIME "Varsity jacket " (black )

¥30,800 税込

送料についてはこちら

【BRAND / SEASON】 WACKO MARIA ×SUB LIME / 2020 SS 【COLOR/ SIZE】 black /XL 【実寸】 着丈(length)/肩幅(shoulder)/身幅(width)/袖丈(sleeve) (cm) XL=約75/59/69/67 着用モデル 身長178cm 体重65kg 着用サイズ XL 【quality】 polyester 100% 【商品説明】 WACKO MARIA よりSUB LIME とのコラボレーションアイテム。 胸元、バックにSUB LIME の刺繍。 ベースのジャケットはmajestic 。 SUB LIME 1988年、カリフォルニア州のロングビーチで結成された。メンバーは、ボーカル・ギターのブラッドリー・ジェイムス・ノウェル、ベースのエリック・ウィルソン、そしてドラムスのバド・ゴウの3人。このトリオ編成は解散まで一貫して不変であった。 地元でのライヴを繰り返すことでしだいにカリフォルニア州内での人気を高めた彼らは、1992年にデビューアルバム『40オンス・トゥ・フリーダム』をブラッドのレーベル「スカンク・レコード」からリリース。同作に収録された『デート・レイプ』は地元のラジオ局で頻繁に流され、アルバムの人気を後押しした。続く1994年の二作目『ロビン・ザ・フッド』も好評で、バンドはメジャーレーベル、MCAレコードとの契約を勝ち取った。 1996年2月、三作目となるアルバム『サブライム』のレコーディングを開始。アルバムも完成し、リリースを約二か月後に控えた5月のある日、ブラッドがカリフォルニアのモーテルでヘロインのオーバードースを起こし死亡。遺作となったアルバムはプラチナムを超えるセールスを記録し大成功を収めたが、フロントマンを失ったバンドは人気の絶頂で解散を余儀なくされた。同作に収録された『What I Got』はゲームSaints Row: The Thirdに使用されている。 残されたエリックとバドはロング・ビーチ・ダブ・オールスターズを結成し、その後もいくつかのバンドで音楽活動を続けた。 【注意事項】 ●銀行振込、コンビニ支払いを選択のお客様は、必ず期限内でのお支払いをお願い致します。キャンセルは出来ません。商品注文時点でお支払いは確定となります。期限切れでキャンセルとなった場合こちらからご連絡させて頂きます。 ●店舗と在庫を共有しております。 稀に同時タイミングでの購入で完売となってしまうケースが御座います。その際はご連絡致しますのでご了承下さい。